<<click "read more" for English>>


2.07.2012

まけるまい(米) / Makerumai Rice
















私が今年から参加する新庄水田トラストの代表的米農家、そしてネットワーク農縁代表の高橋さんらが、仙台市若林区で津波の被害にあった被災者の方達50人ほどを招いて共に作ったお米「まけるまい」が販売されています。

このお米の売上は被災者が津波の体験などを語り継いでいく為の場の運営にあてられます。無農薬栽培のあきたこまちを約1トン収穫して、そのうち400kgは若林区の人々にプレゼントされたそうです。450gが500円、2kgが2000円、5kgが5000円、10kgが1万円、+送料です。米作りに参加した被災者一人一人の手書きのメッセージ付き!購入希望の方はネットワーク農縁090-1060-1392、nogoshi@fuga.ocn.ne.jpか市民活動交流ひろば0233-23-6211まで。
まける米に関してはこちらのポストもどうぞ→☆☆☆
これは津波を生き残ったものが心を込めて作った、命をつないでいくお米です、そういったエネルギーを感じてほしいと高橋さんは言います。

Special organic rice "Makerumai" for sale from tsunami victims.
Yasuhiro Takahashi, the head of Network Noen (Agricultural Group) and the rice farmer in Shinjo, Yamagata invited about 50 people from the disaster area in Sendai for his rice firm and growed organic rice together last year. They harvested one ton of rice. Mr. Takahashi donated 400 kg rice to the victims of tsunami in Sendai.

It comes with the short message that each participants wrote down. 500 yen for 450g, 2000 yen for 2kg, 5000 yen for 5kg excluding shipping fee. Netowork Noen 090-1060-1392, nogoshi@fuga.ocn.ne.jp, Shinjo city office 0233-23-6211. I doubt that they speak English. If you need a help to order, let me know.

3月12日には高橋さんは被災地に駆けつけました。その後、継続的に炊き出しなどを行ってこられました。「最初は誰も彼もが
暗く打ちひしがれていたよ、だけど炊き出しを続けていくうちに少しずつ元気が人々の顔に戻ってきたんだ。女性達は周りの女性達とコミュニケーションを取るようになり、なんとかやっていこうと動き出していったよ。でも男の人たちは下をむいたままだった。畑や田んぼ、農機具、家、築いてきたもの全てを失って、どうしてよいのかわかんねんだな。百姓は体に一年の暦が染み付いていて、体がその時期にやる仕事を覚えているんだ。でもそれができないのは本当に辛いんだな。」といったような話しを高橋さんはされていました。そいう田畑を失った農家の人や仕事を失って消沈している人たちを、んじゃオレんとこで米つくっかってことで招待してこのお米が育ったわけです。

Mr. Takahashi and his friends visited the disaster area a couple days after earthquake and tsunami struck in and started takidashi food service. "People were in great despare and overwhelmed by the feeling of grief and loss. But as we continued volunteering in the area, poeple, well mainly women, started going back on their feet, showing some smile and helping out the community. But men remained deeply withdrawn. They lost their farms, equipments, houses, families, everything built over generations. I could understand how difficult that for them because I knew that farmers naturally have a calendar in their bodies and know what to do thrugh the year instinctively." Mr. Takahashi said. Then he offered them a co-firming at his rice farm.

恵比寿にあるオーガニックカフェAsante Sanaにて今度の土曜日、2月11日にこの高橋さん主催、被災者の話しを聞く催しがあります。詳細は→Asante Sanaホームページでどうぞ。本物の野菜がどんどん姿を消していく中、高橋さんのような本物の百姓がこれからの日本に、これからの世界には本当に必要です。そういった本物の百姓を支え、絶滅に瀕している野菜たちを守っていく為にトラスト制度というものがあります。日本中でお米や大豆などをトラストで作っている農家の方は沢山いると思いますから、皆さん是非ともお近くの農家さんと仲良くなって、TPPなどに大切なものをつぶされないように手をつないでいきましょう!

There's an event hosted by Mr. Takahashi at Asante Sana, a nice organic cafe near Ebis garden place on Feb. 11th. He invited two person from Sendai to talk about the current situation of disaster area. It starts at 4PM, 1500 yen comes with tea and genmai onigiri. wwbj@cyber.gr.jp

I join a Rice Trust program by NPO Suiden Trust this year. Trust is one of preservation activities to save the heirlooms, the real vegetables from species crisis created by agricultural modernization and gene modification. Mr. Takahashi is one of the main rice farmer for the program. He'd been growing many different kind of organic rice including Sawano Hana for years, been aware that the heirlooms are in danger of extinct and appealing the need of prompt actions. There are many programs like their Trust all over the world. So please search for it and supprot the farmers or the groups around your town.

Let's eat good food that has native energy of the mother earth and enjoy our slow life to rebuilt our sustainable communities.